Newsfeed

St. Claire: Theatralic prog from The Land Of The Sun…..

St. Claire - Claire's Fantasy

The name for country of Japan is written in Japanese as 日本, … says (roughly) the meaning of the origin from where the sun rises. Today we travel to Land Of The Sun and visit the theatrical and fascinating prog band St. Claire. Some time ago that band released the album Claire’s Fantasy.

St. Claire are a progressive symphonic band from Osaka, Japan led by composer and pianist Yuko Anza. SThe band are a six-piece Japanese art rock project founded in April 2020 by a front lady. They released the debut album entitled Claire’s Fantasy created with Yuko Anza`s composition for over a year.

St Claire delivers an album with art rock seasoned with pop sensibility, and some would probably find the music a bit sweet? The music is very with listener friendly, but the musicians’ plays tight and well-crafted and support each other very good.

Line-up:

Kiko

Vocal

澄みきった透明な歌声、それは時にパワフルかつソウルフルに! 関西屈指のシンガーであり、ソロのステージをはじめ、 アロージャズオーケストラ、角松敏生との共演など、圧倒的な存在感をしめす。3度のオリンピックで、シンクロナイズド・スイミング音楽にVocalで参加など、幅広く活動中。

シアトリカル・プログロックの世界を、その感性溢れる歌唱力で歌いきる。

大阪音楽大学Vocalperformance科准教授。

 Ayaka Tominaga

Violin

バイオリンを、工藤千博氏、曽我部千恵子氏に師事。関西弦楽コンクール優秀賞、全日本学生音楽コンクール 大阪大会入選。クラシック音楽コンクール 全国大会 ヴァイオリン部門 第5位。相愛ジュニアオーケストラ演奏会にて、コンサートミストレスを務める。

現在、国立大学生として歯学医療の勉強を積みながら、大学の学生オーケストラで音楽の研鑽に励む。

安斎のスタジオワークにも 何度か参加。実力派の若きバイオリンプレイヤー。

Yuko Anzai

Compose, Arrengement, Lyrics and keyboards

St.Claire リーダー。相愛大学ピアノ科在学中から Rolandスクールにて、ピアノとDTMの講師を務める傍ら、CMやRM、イベント、ゲームなどの音楽制作に携わる。「題名のない音楽会」出演他、いくつかのサウンドコンテスト グランプリ入賞など経て、作曲数は500を超える。現在は、後進指導に力を注ぎながら、自身の音楽制作、演奏活動を行っている。St.ClaireのシアトリカルなProgRockの世界が、3年間の構想を経て今ここに結実。

大阪音楽大学ポピュラー科DAW講師。

Hiroaki Fujii

Bass Guitar

関西を中心に、数々のプログレバンドにて、ベーシストとして アルバムに参加。現在はインストプログレトリオ「荘園」、プログレッシブハードバンド「ALL IMAGES BLAZING」で国内、さらに海外ツアーにも参加、海外バンドとも多数競演。St.Claireでは、全編フレットレスで奏でるフレーズベースで、楽曲の土台を見事に支える。

そんな彼は、司法書士・行政書士として法律家であるという一面も持つ。

Sunao Hikida

Drums

相愛大学音楽学部で打楽器を専攻、島貫利博氏に師事して研鑽を積む。卒業後は、ヤマハでドラム・インストラクターを務める傍ら、ノヴェラのリーダー平山照継率いるプログレッシブロックバンドの「テルズシンフォニア」等に所属して活躍。作曲家・キーボード奏者の松尾泰伸氏と共演するなど、CD制作やDVD制作にも参加・協力している。

Eiji Moriguchi

Guitar, Tiple

90年代から、数々のバンドでギタリストとして活躍。CDリリースやTV出演他、ライヴシーンでも幅広く活躍。自身のロックバンド「フォレストマウス」の楽曲《Lovely canary》はAXIAオーディションでグランプリ受賞。他、夏川りみなどのLiveサポートをはじめ、アーティストへの楽曲提供も多数。音楽学校で ギター講師、ボイスコーチなど、後進の指導にも積極的に携わっている。

lesson動画 → 「チグリモちゃんねる」

Tracklist:

1. Dawning (2:32)

2. A Sea Within (4:37)

3. Striders (9:32)

4. Hand in Hand (5:59)

5. Claire’s Song (2:08)

6. The Place (9:32)

7. Pandora (5:01)

Total Time 39:21

Line-up:

Yuko Anzai – keyboards, chorus

Kiko – vocals

Ayaka Tominaga – violin

Eiji Moriguchi – guitars, tiple, chorus

Sunao Hikida – drums

Hiroaki Fujii – bass, chorus

   With

Yan Cyonja – chorus

Om Ulf Backstrøm (6230 Artikler)
Mitt hovedfokus er musikk som er basert på progressiv tenking. Jeg er på ingen måte ensporet innen musikksmak, i likhet med intensjonen bak prog. Sjangerbegrepet er egentlig temmelig uinteressant annet enn til å gi en pekepinn om hva slags musikk det er snakk om i en anmeldelse. Jeg søker god musikk for å utfordre meg som lytter. God musikk til å trigge mine musikalske smaksløker, og til å sette i gang mine refleksjoner. Da er sjansen stor for at jeg utvikler meg og lærer, noe som bør være drivstoff for et hvert menneske. Fordi det å lære og utvikle seg er noe som tilfører livet en nødvendig porsjon "krydder". Slikt krydderet finner man blant annet i musikk. Ikke overraskende mener jeg at progressiv musikk har den fineste "smaken". På den annen side kan musikk med eller uten progressive elementer være godt nok til hverdags. Til fest derimot holder bare rendyrket prog! Må jo også få med at jeg rimelig kritisk, og jeg mener at det lages mye prog som er i beste fall uinteressant, og faktisk mye som er pinlig dårlig. Heldigvis oppveies dette av ekstremt dyktige aktører som for eksempel: Flower Kings, Mostly Autumn og White Willow, for å nevne noen tilfeldig valgte.
Contact: Hjemmeside

Skriv en kommentar

Din email adresse vil ikke bli vist offentlig.


*